スコ速@ネット小説まとめ

スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline

アース・スターノベル/ルナ:『』 などの表紙

48030185024803018510
48030184804803018499
48030185294803018405
48030183914803018413
480301843XB0CKFCHMP4
48030184484803018456
48030184644803018421

王家から追放された俺、魔物はびこる森で超速レベルアップします ~最弱スキルと馬鹿にされた『鑑定』の正体は、全てを見通す『神の目』でした~  作者:熊乃げん骨

「【鑑定】しか使えない王子などいらぬ。貴様を王家より追放する!」

鑑定。
それは物の名前が見ることのできるだけの平凡な能力。
王族にふさわしくないその能力を手に入れた王子リックは父親から勘当を言い渡され、猛獣がはびこる大森林の中に捨てられてしまった。

モンスターから逃げ惑いながら、【鑑定】で食べる物を探しなんとか生き延びようとするリック。
このまま死ぬしかないのか――――そう思ったその時、彼の瞳は覚醒し【神の目】の力を発揮する。

「この道が安全だっていうのか……!?」

瞳に導かれるまま辿り着いたのは一軒のボロ屋。なんとそこには伝説級の素材と古ぼけた武器が転がっていた。
【神の目】の力で過去を視て、武器の直し方を知ったリックは、その後も瞳の力で鍛治術、錬金術、戦闘技術などを覚え最強の道を進むことになる!


――過去、現在、そして未来。
全てを見通す力を得た少年の痛快無双ファンタジーが始まる!


小説家になろう


転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す  作者:十夜

【本日、コミックス9巻(アース・スターコミックス)発売! 10/18 ノベル9巻(アース・スターノベル)発売予定です。ノベルZERO3巻発売中です。どうぞよろしくお願いします】
騎士家の娘として騎士を目指していたフィーアは、死にかけた際に「大聖女」だった前世を思い出す。
……え? 聖女って、すごく弱体化しているのに、絶滅寸前なため、崇められている職業だよね? 
私が使う聖女の力って、おとぎ話と化した「失われた魔法」ばっかりなんだけど。
そういえば、前世で、『聖女として生まれ変わったら殺す』って魔王の右腕に脅されたんだっけ。
こんな力使ったら、一発で聖女ってバレて、殺されるんじゃないかしら。
……ってことで、初志貫徹で騎士になります! 静かに生きます! 
なーんて思ったけど、持っている力は使っちゃうよね。だって、色々便利だから……


小説家になろう


俺の人生ヘルモード  作者:侘寂山葵

いつまでも、変わらない日々が続くと思っていた。
しかし、そんな平和なはずの毎日は、ある時を境に突如豹変してしまう。思わぬ危険に晒されて、命からがら逃げ出したその先は……
一歩でも間違えれば簡単に死んでしまえる、そんな危険な区域が蔓延る場所だった。
これは、主人公が頑張って生き足掻き、色々な人たちと出会いながらも成長していく、そんなお話。
注意【少しだけダークな部分もあり、同時に明るく軽いノリもあります。微(?)グロもあるので、苦手な方はお気をつけて】


小説家になろう


メイドなら当然です。 - 濡れ衣を着せられた万能メイドさんは旅に出ることにしました  作者:三上康明

「早く出て行ってください。あなたのように地味な顔立ち、野暮ったいメイドはこのお屋敷に似合わないと思っていましたから」

屋敷の主人が大事にしていた壺が割れてしまった。その罪を——濡れ衣を着せられてクビになったのは、地味で小さなメイド「ニナ」だった。

ニナは周囲からあまり理解されないながら、お屋敷のあらゆる地味仕事をこなしていた。
ちらかった作業具の整頓。主人一家やお客様の好みに応じた調味料や食材の仕入れ。雑なメイドのやり残した掃除。気分の乗らないお坊ちゃまお嬢様を勉強させること。美術品の贋作返品。季節もの衣類のメンテナンス。etcetcetc……
ニナがいなくなって、一見お屋敷はなにも変わらなかった。それが少しずつ崩壊していくのだが……それはもうニナには関係のないことだった。

メイドとして働くことがすべてだったニナは、ふと気が向いて観光の旅に出ることにした。
そしてその先で「不運な」少女たちと出会うことになる。

異常な魔力量を誇るのに上手に扱えない、魔導士のエミリ。
すばらしく頭がいいのになぜか実験が成功しない、発明家のアストリッド。
食事が合わずにお腹を空かせて全然力が出ない、月狼族のティエン。

少女たちは万能メイド、ニナのおかげで自分たちのほんとうの力を出せるようになった。
その力を結集すると、軽く軍隊レベルに匹敵してしまうのだが……それをニナが知ることはなかった。


小説家になろう


私、異世界で精霊になりました。なんだか最強っぽいけど、ふわふわ気楽に生きたいと思います  作者:かっぱん

10月18日にアース・スターノベル様より書籍第1巻が出ます。よろしくお願いします。

★異世界お気楽女の子ふわふわコメディファンタジー!★
 私、遠野空(とおの・くう)は転生した。精霊が去り、精霊を信仰する人々が暮らす異世界に。大学生活を投げ捨ててプレイしてきたVRMMOのマイキャラ、精霊第一位と精霊姫の称号を持つ精霊族のクウ・マイヤとして。
 いや待ってね!? 精霊様とか信仰されるのは柄じゃないから! ついでに最強っぽいけど楽しく暮らしたいだけだから!
 というわけで、金策しつつ長いものには巻かれつつ、時には精霊様として困った人を助けつつ、なんだかんだで異世界生活を始めました。
 特技は一発芸。コントもできます。目指せ、ふわふわお気楽なスローライフ!


小説家になろう


【書籍1巻10/2発売!】聖女の妹の尻拭いを仰せつかった、ただの侍女でございます~謝罪先の獣人国で何故か冷酷黒狼陛下に見初められました!?~【一章完結】  作者:櫻田りん@10/2【黒狼陛下】発売中!

★アース・スター・ルナ様より、10/2に書籍第一巻が発売となります! コミカライズも進行中です!
応援ありがとうございます……!

「ねぇ、お姉様? 私の代わりに獣人国まで行って謝ってきてくれない?」「なんですって」

子爵家の長女──ドロテア・ランビリスは、ある日、妹のシェリーと両親から尻拭いを仰せつかった。
ドロテアの暮らすサフィール王国では美しい女性には『聖女』の称号を与えられる。シェリーはその聖女の一人であり、王族の婚約者でもある。
反対に、ドロテアは産まれた瞬間から『将来は売れ残り』と言われ続け、現に誰一人からも求婚されたことがなかったため、生きていくために侍女として働いていた、のだけれど。

「ドロテア、お前が気に入った。俺の妻になれ」

謝罪先に獣人国で、ドロテアは当たり前の行動をしただけなのに、何故か王である黒狼のヴィンスに見初められ──。

「ドロテア教えてやろう。今までサフィール王国で求められなかったのは、お前が──過ぎるからだ」
「はい?」
 
一方その頃、妹のシェリーはとある理由から『聖女』の称号が無くなることが決まり、婚約者から必要とされなくなっていき──?

これは結婚願望があるのに誰からも相手にされず、自身の秘めた才能に気付いていないドロテアが、思慮深いヴィンスに見初められ、もふもふで癒やされたり溺愛されたりする、そんなお話です。

◇短編版で日間総合1位ありがとうございます!
◇短編版よりも、溺愛&もふもふ増々、ザマァありでお届けいたします!
◇短編版は七話の辺りまでになりますが、それまでも加筆がありますので、良ければ冒頭からお読みください。
◇R15は保険です。

3/2朝昼夜 3/3朝昼 日間総合1位ありがとうございます!
3/16月間8位ありがとうございます!

3/18一章完結しました。

書籍化により、タイトル一部変更しました。


小説家になろう


余命わずかだからと追放された聖女ですが、巡礼の旅に出たら超健康になりました  作者:マチバリ

2023.5/1 アース・スタールナさまより書籍1巻発売
2023.9/26 ガンガンonlineにてコミカライズ連載開始

××××××××

「あれ? 私っていつ死ぬのでしょう?」
「いいから君は肉を食え」

 聖女という役目を押しつけられ神殿で孤独に生きていた病弱な王女プラティナは、過酷な日々がたたり「余命わずか」と宣告されてしまう。そのうえ、聖女が国で死ぬのは不吉だからと、異母妹の策略により聖女の地位と婚約者を奪われたあげく聖地巡礼という名目で国を追放されることに。そんな旅の従者となった黒騎士アイゼンもまた不条理な呪いに犯された身の上だった。
 不遇な二人の巡礼旅はそのまま死出の旅になるかと思われたが、余命わずかだったはずのプラティナは何故か日々健康そのものになっていく。しかも行く先々で無自覚に聖なる力で問題解決してしまい、いつの間にか『奇跡の聖女が巡礼している』と噂にまでなって……?

無自覚聖女のチート巡礼旅!


小説家になろう


【10/2 ②巻発売】不貞の子は父に売られた嫁ぎ先の成り上がり男爵に真価を見いだされる 〜天才魔道具士は黒髪の令嬢を溺愛する〜【コミカライズ】  作者:三崎ちさ

◆アース・スタールナさまより
 2巻、10/2発売!

◆コミカライズ企画進行中です。

両親に似なかった黒髪、引き継がれなかった魔力。『不貞の子』ロレッタは家の誰からも愛されなかった。父によく似た妹ばかりが愛され、ロレッタは実母の不貞の証である黒髪を疎まれて短く切られ、誰からも愛されることなくひっそりと小さな離れで一人過ごしていた。

そんなある日、ロレッタは魔道具士のバルトルという男に嫁ぐことになる。魔力持ちの平民で一代限りの爵位を与えられている彼は貴族の娘と婚姻することで魔力を持った子を得て爵位を継がせていくことを狙っているらしい。

しかし、片親が平民である出来損ないの不貞の子ロレッタでは彼の求めている願いは叶えられない。罪悪感を抱きつつ、父の言いなりで彼に嫁いだロレッタを、彼はとても甘やかに接してくれるのだった。

彼は自分が成り上がるために貴族の娘と結婚したかっただけだったのでは? それなのに、なぜ。
一方、不貞の子を都合よく平民の成り上がり男に売り払えたとロレッタの父は喜んでいたのだが……。

5/31異世界恋愛、総合日刊1位ありがとうございました!
※カクヨムにも掲載


小説家になろう


生まれた直後に捨てられたけど、前世が大賢者だったので余裕で生きてます  作者:九頭七尾

 魔法の名門ブレイゼル家に生まれた赤子は、魔法適性値の低さから、魔境の森の近くに捨てられてしまう。ほんの乳飲み子が、危険な魔境に放置されて生きられるはずもない……と思いきや、
「あうあうわー(マジかー。転生した直後に捨てられたんだが)」
 ――実はその赤子、前世が大賢者だった。
 赤子ながら魔境の森を余裕で生き延びた彼は、前世で使っていた愛杖リントヴルムをお供に森を出ると、自由を求めて冒険者として生きることに。
「やっぱり冒険者だよな、うん。気楽だし」
『生後たった二か月の赤子が、冒険者登録できるとでもお思いですか、マスター?』
「大丈夫だろ。ちゃんと喋れるんだし」
『……そういう問題ではないです。マスターはもっと常識を学ぶべきでは?』
 やがて史上初の0歳児冒険者となった彼は、時に赤子らしく合法的にオギャりながら、周囲の度肝を抜き続けるのだった。

※この作品はカクヨム、アルファポリスにも掲載しています。


小説家になろう


冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた  作者:門司柿家

 駆け出し冒険者の頃に片足を失い、故郷のド田舎に引っ込んで、薬草を集めたり魔獣や野獣を退治したり、畑仕事を手伝ったり、冒険者だか便利屋だか分からないような生活をしていた主人公。気が付けば三十も間近。
 そんな時、薬草取りで入った山の中で捨て子を見つける。放っておくわけにもいかずに拾って育て、気づけば四十も間近。
 父の背中を見て育ったせいか、すっかり大きくなった娘も冒険者になりたいと言う。自衛の為に小さな時から剣は教えていたが、確かに筋は悪くない。こんな田舎で燻らせているのも可哀想だ、と主人公は娘に都の冒険者ギルドへ向かわせる。
 晴れて冒険者になった娘。
 そんなこんなで五年、四十を超えた主人公は相変わらず田舎の冒険者モドキ。だが娘はギルドでも有数のSランク冒険者になっていて中々帰って来ず……。
「一体わたしはいつになったらお父さんに会えるんだ……!」

※基本的に感想への返信は行いません。悪しからずご了承ください。また、他の方の感想へのコメントはトラブルの元になりますのでお控えください。

【2020.1.21完結しました】
アース・スターノベルより書籍版全11巻が発売中です。
コミック アース・スターにて漫画版が連載中です。


小説家になろう


無職の英雄 ~別にスキルなんか要らなかったんだが~  作者:九頭七尾

【アース・スターノベルさんより書籍版発売中】
女神から祝福を受けて〝職業〟を与えられたアレル。
しかしそれは《無職》という何のスキルも習得できない最低の職業だった。
10歳にして無能という烙印を押された彼は、悲嘆に暮れ――ることはなかった。
「別にスキルなんてなくとも、どうにかなるんじゃないか?」
才能が無ければ努力すればいいじゃない、とばかりにアレルは猛特訓に励み…
「どうやったら《無職》の貴様が、〈怪力〉スキルを持つ私と力で張り合えるようになるんだっ!?」
「めちゃくちゃ筋トレした」


小説家になろう


メイドなら当然です。 - 濡れ衣を着せられた万能メイドさんは旅に出ることにしました  作者:三上康明

「早く出て行ってください。あなたのように地味な顔立ち、野暮ったいメイドはこのお屋敷に似合わないと思っていましたから」

屋敷の主人が大事にしていた壺が割れてしまった。その罪を——濡れ衣を着せられてクビになったのは、地味で小さなメイド「ニナ」だった。

ニナは周囲からあまり理解されないながら、お屋敷のあらゆる地味仕事をこなしていた。
ちらかった作業具の整頓。主人一家やお客様の好みに応じた調味料や食材の仕入れ。雑なメイドのやり残した掃除。気分の乗らないお坊ちゃまお嬢様を勉強させること。美術品の贋作返品。季節もの衣類のメンテナンス。etcetcetc……
ニナがいなくなって、一見お屋敷はなにも変わらなかった。それが少しずつ崩壊していくのだが……それはもうニナには関係のないことだった。

メイドとして働くことがすべてだったニナは、ふと気が向いて観光の旅に出ることにした。
そしてその先で「不運な」少女たちと出会うことになる。

異常な魔力量を誇るのに上手に扱えない、魔導士のエミリ。
すばらしく頭がいいのになぜか実験が成功しない、発明家のアストリッド。
食事が合わずにお腹を空かせて全然力が出ない、月狼族のティエン。

少女たちは万能メイド、ニナのおかげで自分たちのほんとうの力を出せるようになった。
その力を結集すると、軽く軍隊レベルに匹敵してしまうのだが……それをニナが知ることはなかった。


小説家になろう




10月発売のアース・スターノベル・ルナは8作品+コミック6作品!新シリーズが3作品ありますね!

表紙に関しては多いので割愛。
なお、公式発売日は4日後の10月18日です。



関連記事

文学・評論のランキング    
ライトノベルのランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング
[ 2023/10/14 18:00 ] 雑記 表紙 | TB(-) | CM(9)
    名前:名無しのスコッパー:2023/10/14(土) 18:20:50 ID:QrgrdYA.▼このコメントに返信
    表紙がおっさん2人とか、凄い浮いて見えるなw
    名前:名無しのスコッパー:2023/10/14(土) 20:43:15 ID:-▼このコメントに返信
    タイトルないし、ヘルモード違いだし、なんか色々間違ってるぞ
    名前:名無しのスコッパー:2023/10/14(土) 23:51:52 ID:44amet6U▼このコメントに返信
    前世が大賢者のイラストよくみたらやっべえな
    名前:名無しのスコッパー:2023/10/15(日) 06:17:23 ID:-▼このコメントに返信
    雑な仕事してんな
    名前:名無しのスコッパー:2023/10/15(日) 10:52:33 ID:qHVnRelY▼このコメントに返信
    追放された聖女ですが~も余命わずかだからと~と間違えてるな
    名前:名無しのスコッパー:2023/10/15(日) 13:04:42 ID:-▼このコメントに返信
    相変わらず雑な仕事やな
    そんなに面倒ならまとめなんてやめちまえ
    名前:scop:2023/10/15(日) 14:38:30 ID:Iops19kY▼このコメントに返信
    前世が大賢者って赤ん坊の絵で退かれること多いけど
    原作からかなり良いアレンジ施された面白いコミカライズなんよね
    名前:名無しのスコッパー:2023/10/15(日) 14:54:03 ID:Aeu1Va4Y▼このコメントに返信
    前世が大賢者ってキンキンキンで有名になった作者の作品か
    チート100個貰えたとか100人の俺が無双するとかの比較的初期の作品は読んだことあるけど
    万年Dランクの中年冒険者~を途中で全削除して全面改稿したのがつまんなくて読まなくなったな
    名前:名無しのスコッパー:2023/10/16(月) 11:28:39 ID:bQUoDw3U▼このコメントに返信
    キンキンキン太郎の作品を読ませるレベルでコミカライズできる才能は凄いと素直に思う
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
B0CVB2V715 4867165409 4867165387 4867165417 4867165395 4047378488 4047377635 4047378143 4047378151 4047377147 4047378259 4824007372 4824007364 4824007348 482400683X 4824007380 4824006813 4824007356 4824007410 4824006341 4824007402 4824007429 4046832533 4046833777 4046826673 4046830700 4046833750 4046833793 4046832509 4046833785 4867940763 4867940755